2005年10月17日

10月12日 広島 2 − 4 横浜

ようやく、この試合に向き合うことができました。

横浜 1 1 0 0 1 0 0 1 0 4 10 0
広島 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 5 0

先発 三浦@花屋の番長

 空気嫁〜〜〜〜!

と黒田。

着いたときには2点のビハインドでした。
ホームラン攻勢でやっと同点に追いついたのに、

6回に1点、8回に1点献上し、結局負け。

この試合の分岐点はやっぱり6回裏。

野村の2ベースとその後の気迫の盗塁で無死1・3塁。
バッターは嶋・新井・前田と続きますが、ここで抑えられ0点。

ここで何で点が入らない!!!!(怒)


私の知っている広島野球なら、ここで繋ぐバッティングで何とか1点とって同点に追いつく野球をしていたと思う。個人の力量頼みではなく、というか三浦攻略のため、全員が狙い球を絞って徹底して欲しかった。

試合後、山本監督は、精一杯やった、と言っていましたが、このあたりが山本監督の限界ではなかろうか、とも思えて寂しかったです。

広島と言うチームは、資金が無いので大物を買うことができません。他チームとの戦力差については知恵と練習でカバーしないといけないし、水道橋@ヨミウリなどのように全員4番打者!という野球は論外なのに、結局山本野球はホームラン頼みの野球。

今年は野村謙二郎絡みの試合しか見に行ってませんが、結局そういう野球には私は興味を示さないのがあるのでは、と思います。

来シーズンですが、元々広島という土地柄は玄人好みのプレー、戦術、そしてチームカラーですから、自然と原点回帰してくれるのではないか、と思います(期待はかなり入ってはいますが)。

しかし、それにしてもシーズンオフに野球は入りました。
野球モードは来年まで封印です。

その後のセレモニー&野村選手への想いは、明日か明後日にでも書きます。
まだ、そこまで書けるだけの整理がついていないので。
posted by Tomo.A_7 at 23:46| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 広島東洋CARP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。

観戦お疲れさまでした!

ともサンと同じで、ここ数年、
私もカープ観戦数が激減しておりました。
そう、淡白すぎる試合内容。。『こんなのカープじゃない!!』と。

野村さんの引退は悲しすぎですが、(緒方サンのはまだまだ頑張って貰わないと。。)
近い将来、指導者として戻ってきてくれて、
良いチームを作ってくれると期待してます。

選手は引退ですが、これからも野村さんを応援していこう♪と思ってます。。
Posted by さと at 2005年10月25日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。